理念哲学講義録  天川貴之

真善美聖の「理念哲学」の核心を、様々な哲学的テーマに基づいて、わかりやすく講義したものです。

第4章「存在と実在について」  天川貴之 

  第1節  本当に「有るもの」について

  

 存在と実在について述べてゆきたい。

 存在とは有るものである。しかし、プラトンの時代から、本当に「有るもの」といえるものは何かという問いが発されつづけているのである。

 通常の我々の意識においては、地上世界における有るものこそが、本当に「有るもの」であると感じるわけであるが、プラトンは、地上における有るものとは、変転してゆくものであって、本当に「有るもの」とはいえない。

 天上世界にあって変転することのないイデアこそが、本当に「有るもの」、すなわち、実在であるとされたわけである。

 このプラトンのいわれる実在というものは、天上世界にあるものであるといわれているが、それは、必ずしも我々の心を離れてあるものではない。

 心の内に天国があり、地獄があるといわれるように、イデアたる実在も、我々の心の内にあるともいえるわけである。

 故に、我々は、心の眼によって、イデアたる実在を認識できるはずなのである。

 しかし、プラトンなどの一握りの哲人達がイデアを真に認識できるのに対して、大多数の人々は、イデアを認識するに到らない。

 こうした背景から、プラトンは、真にイデアを認識できる一握りの哲人達が統治者となって、国家を運営するべきであるとして、真にイデアを認識するに到らない大衆による民主政治に対して、疑問を投げかけられたのである。

 では、何故、イデアを認識できる哲人と、イデアを認識するに到らない人々とに分かれるのであろうか。

 プラトンは、肉体の束縛を離れ、精神の働きを活性化させることによってイデアを認識できるとされているが、その本質について分析し、論じてゆきたいと思う。

 人間の心の世界においては、その精神性の発揮の仕方に応じて、階層性があるものである。故に、悟りの段階に応じた悟境・心境というものが存在するのである。

 そこで、何段階かに心の世界を分けて、本当に「有るもの」とは一体何かということを論じてゆきたいと思う。すなわち、結論として、心の世界の段階に応じて、本当に「有るもの」が変わってゆくという立場に立っているのである。

 それは、心を修めた方であるならば、万人が体験しうる世界であり、普遍的な世界観であるといえるものである。

 

(つづく)

 

第3章「快楽と幸福について」〔注解的続編〕(9)

 〔注解的続編〕(9)

 

①  本論文の中で、「大自然の摂理にかえれ」という言葉がでてくるが、この考え方はストア哲学にもあるが、近代のルソーの説えた「自然にかえれ」という考え方と本質的に一致する。

 ルソーは、パリの社交界において最大の寵児であったが、非常にストイックな言動をなし、まさに、欲望と虚栄が渦巻く文化文明の内に潜む退廃に対して、警鐘を鳴らされたのであった。

 このように、ストア哲学の立場からルソーを解釈すると、数多くのルソーの思想にまつわる誤解と謎が解けると思われる。例えば、ルソーの自然法論を、ストア哲学自然法論から解釈すると分かりやすいのである。

 

②  ショーペンハウアーも、「人生は苦なり」と喝破された哲学者である。しかも、「意志の否定」という倫理的解脱によって、幸福が得られるとされている。

 しかし、根本の形而上学的実在が「盲目的」であることは、本論文が、根本の形而上学的実在が「合理的」であることと比べて大きく異なる。

 私は、ショーペンハウアーの「意志」を煩悩と解釈するが、それは、ショーペンハウアーのいうように根本的実在ではない。それは、理性的悟りのない状態の時にそのように思えるという意味での「実在」でしかない。決して、迷いの盲目的意志は、本来の意味での実在ではないのである。

 理性的悟りの立場からみれば、ショーペンハウアーもいうとおり、盲目的意志の発現は、「真に実在でないから」、否定滅却できるのである。この観点は、ショーペンハウアー哲学の矛盾と限界を超える見解であろうと思う。

 そして、意志を否定した上ででてくるのが、理性の輝きであろう。この理性の輝きを、私は、真善美聖と表現している。この理性の立場に立った時に、人間の実相、世界の実相が観えてくるのである。それは、真善美聖に光輝かんばかりの光景である。

 かかる哲学が、ショーペンハウアー哲学の奥にある世界である。これを、私は、ショーペンハウアー哲学の実相的展開と呼びたい。

 

(おわり)

 

 

第3章「快楽と幸福について」〔注解的続編〕(8)

 〔注解的続編〕(8)

 

①  「快楽が苦である」という見解は、仏教の中に流れている思想と相通ずるものがある。仏教では、人生について、「一切皆苦」といわれている。ここでいう人生とは、悟りのない「迷いの人生」のことである。すなわち、悟りによって解脱しなければ、本当の意味で幸福な人生は送れないといわれているのである。この「迷いの人生」の一形態として、私は、「快楽を追求する人生」と呼んでいるのである。

 

②  仏教でいう四諦八正道は、「苦諦」(苦の真理)から始まる。この真理を悟ることを、私は「快楽は苦である」と悟ることと述べているのである。

 

③  四諦八正道を述べてゆくと、次に、集諦(原因の真理)にいく。この真理を悟ることを、私は「快楽の追求こそが苦しみの原因である」と悟ることと述べたのである。

 

④  次に、滅諦(理想の真理)にいく。この真理を悟ることを、私は「理性によって永遠無限の幸福を得ることができる」ことを悟ることと述べたのである。


⑤  最後に、道諦(方法の真理)にいく。この真理を悟り、実践することを、私は「理性によって快楽にストイックになり、真善美聖の四つの道を理性的に追求することが幸福への道である」ことを悟り、実践することと述べたのである。

 

⑥  道諦でいう「道」とは、仏教では八正道のことをいうが、私は、理性的ストイシズムと理性的四正道(真善美聖)に置き換えている。というのは、八正道の本質も、限りなく理性的な智慧の眼をもって煩悩を滅却してゆくことにあり、本質が似ているからである。

 

⑦  前述のように、本論文の基調には、ストア哲学的な思想が流れているが、その本質は、仏教と非常に似ている。例えば、仏教でいう「戒定慧」の三学の修行論にしても、ストア哲学のストイックなライフスタイルのもとに(戒)、瞑想的な時間を大切にし(定)、理性による智慧を得ていく(慧)という修行論と本質は同じである。

 

 (つづく)