理念哲学講義録  天川貴之

真善美聖の「理念哲学」の核心を、様々な哲学的テーマに基づいて、わかりやすく講義したものです。

第3章「快楽と幸福について」〔注解的続編〕(1)          天川貴之

〔注解的続編〕(1)

 
①  快楽にも様々なものがあるが、本文では、主として食欲、性欲、物欲、名声欲、地位欲、金銭欲等が挙げられている。

 これらの欲は、ただ単に断てばよいというものではなくて、理性に基づいて、妥当な方向に統御してゆくことが、真のストイシズムであると考える。以下において、欲を統御する理性的智慧の具体例を挙げてみたいと思う。 

 

②  食欲についてであるが、自然界の動物は、量においては適量で満足し、自然の摂理によって、自己に与えられたものをほぼそのまま自然な形で食している。人間においては、まず、その量において、適量で満足するのが、過食や少食に偏らない健全なあり方であるといえよう。

 ただし、人間には、動物と違って、自然物を多様な形で料理する自由が与えられている。ここから、過度な美食が派生するのであるが、本来の料理をする喜びとそれを味わう喜び自体は、基本的に善であると思う。

 しかし、料理の道も深遠であり、料理の贅沢とは、追求すればする程、エスカレートして止まらない所があるのである。そこで、理性に目覚めず、本能的快楽のみを求めようとする人々は、あくなき食欲の追求の世界に没頭してしまいがちである。これも、大きな地上的執着であり、天上的な理性を眠らせたまま、大切な「心」の探究を忘却してしまうことになるのである。

 故に、食欲も、足ることを知り、既に与えられている食事に感謝をして食することをもって旨とし、それで余った時間と金銭とエネルギーを「心」の探究に使い、理性的幸福の追求に使ってゆくことこそ、ストイックな生き方であるといえよう。

 

(つづく)

 

第3章「快楽と幸福について」第6節          天川貴之

 第六節  哲人の使命について

 

 数多くの方々は、理性に目覚めることなく、快楽の濁流に流されながら生きている。苦しみの生を生きている。苦しみとは自覚せずに、緩慢なる生命の自殺を行っている。

 快楽の華やかな明るさは、楽しそうな騒がしさは、実は偽りである。偽りの仮面を顔にかざった人々が、迷いのダンスを踊っているのである。

 人生という貴重な時間の流れが無駄に費やされてゆく。何のために生まれてきたのか。何のために生きてきたのか。その深い意味を考え思索することなく、偽りの中に生きている。

 迷いの濁流の中で、一人一人の方々の良心の声が聴こえてくる。理性の叫びが聴こえてくる。しかし、その声は本人達には届かない。理性に目覚めたる哲人達の魂にのみ響く。

 その同胞達の悲しみの声、苦しみの声が真に聴こえたならば、真なる哲人達よ、決して座していてはならない。一人でも多くの人々に、自らの後ろ姿と理性の幸福の実感をもって、「真理」を述べ伝えてさしあげなければならない。

 「人々よ、あなた方は理性の眼を取り戻しなさい。真に目覚めなさい。そして、己が偽りの仮面をとりなさい。さすれば、あんなにも華やかにみえた快楽が、実は、人生の暗黒の苦であったことがお分かりになられるはずです。早く、快楽の鉄鎖から自由になりなさい。苦界から脱却しなさい。さすれば、偽りではない真実の世界が観えてこられることでしょう。真実の世界とは、理性の世界、真善美聖の世界です。かかる理念を追求することによって、最高の幸福を獲得して下さい」と。

 

 (つづく)

 

第3章「快楽と幸福について」第5節          天川貴之

 第5節 最高の理性的幸福について

 

 では、理性的幸福とはどのようなものであろうか。私は、理性的幸福の追求とは、真の追求、善の追求、美の追求、聖の追求に要約できると考えている。


 まず、真の追求、哲理の追求は、人間の心を飛翔させ、理法の世界の悦びを得ることが出来る。これも人間にとって最高の幸福である。


 次に、善の追求、特に愛の実践は、人間の心に最高最大最深の心情を湧きあがらせ、大いなる歓喜に包まれることができる。これも、人間にとって最高の幸福である。


 次に、美の追求であるが、これは、感性の世界と捉えられることが多いが、本能的感性と区別し、理性の一形態としての感性を念頭においたものである。かかる理性によって美を直接把握する幸福は、人間にとって最高の幸福である。


 さらに、聖の追求、これも直感的理性の発露として考えられるものであるが、人間は、永遠なるもの、無限なるものと一体感をもって生きることによって幸福になることができる。これも、人間にとって最高の幸福である。


 このように、理性的幸福の原理として、真・善・美・聖の追求を挙げておきたい。

 

 (つづく)