理念哲学講義録  天川貴之

真善美聖の「理念哲学」の核心を、様々な哲学的テーマに基づいて、わかりやすく講義したものです。

第2章「運命と自由意志について」【注解的続編】(1)   

  【注解的続編】(1)

 

①  本論文における哲学用語としての「超越的実在」は、宗教用語としては造物主(神)の概念にほぼ相当する。それは、大宇宙を統べる叡智であり、理性そのものであり、善そのものである存在である。

 

②  人間は、理性を有している点で超越的存在の分身であり、本性において超越的実在の属性を引き継ぐ存在である。宗教用語的には、人間は神から分かれてきた「神の子」であるという概念にほぼ相当する。

 

③  ショーペンハウアーは、超越者の「意志」ということを重んじられたが、本論文でいう超越的実在もまた、「意志」の主体でもある。しかしそれは、合理的、論理的である点で、ショーペンハウアーの「盲目的意志」とは対極にあるものである。

 

④  本論文の超越的実在とは、ヘーゲルの絶対者の概念と似ている点がある。何故なら、ヘーゲルの絶対者もまた、理性そのものであり、世界史を創ってゆくものであるからである。

 ヘーゲルによれば、世界史とは絶対者の自己展開であり、世界精神となって歴史を導くナポレオンなどの世界史的個人も、また諸個人も、各自が自主的に動いて歴史を創っているようにみえて、実は、その背後では、絶対者の「理性の術策」によって操られているのにすぎないとされているのである。

 これは、どちらかといえば、絶対的運命論に近い立場であるといえよう。

 

(つづく)

 

 

第2章「運命と自由意志について」第6節(2)    天川貴之

 

 一方、本来、理性を有するにもかかわらず、世界に悪と見えしものが数多く創造されているのは、ある意味では、人間に自由意志がある証拠であるが、人間独自の罪であるといえよう。

 しかし、理性的人間は、本来理性に向かうように、「かくあるべし」の本性を有しているのである。理性に合致した生き方をすることが、本来の姿なのである。

 にもかかわらず、地上世界において、感性的なものに囲まれ、次第に理性の存在を忘れ、感性的人間、本能的人間になってしまうのである。そして、肉体我に執われた結果、自我中心のものの見方をし、争いがおこり、数多くの悪がおこるのである。

 一方、理性的な自覚は、万物同胞との愛につながり、かかる博愛は、我を虚しくし、平和をもたらし、数多くの善をなすことができるのである。

 故に、万物の霊長である理性的人間は、自由意志を用いて、真に深く理念に則った人生を送り、素晴らしい世界を築いてゆかなくてはならない。

 人類には、自由意志を通して、最高最大最深の理念的顕現たる文化・文明を創造してゆく使命が与えられているのである。

 一人一人の人間の内なる理念が目覚め、真に顕現する時、理念の顕現せる世界が実現するのである。それこそ、人類の目差すべき究極の目標であろう。

 かかる人類の大輪の華を咲かせる道程においては、幾つかのシナリオがあるであろう。人類の運命にも、いくつかのシナリオがあるであろう。

 その中において、今後の人類の未来を、人類の運命を力剛く開拓してゆくのは、我々自身である。我々の自由意志そのものである。その崇高なる自覚と決意と信念をもたなくてはならない。

 大いなる超越的実在と共に、我々は期待されている最高の運命のシナリオを演じ、最高の一大芸術を開花させてゆきたいものである。

 

(つづく)

第2章「運命と自由意志について」第6節(1)    天川貴之

 

 ところで、人間の運命というものは、どの程度決定されているのであろうか。その際に大切になるのは、個人個人が宿している理念に、どれ程忠実に自己実現できたかということが大きいのである。

 また、精進によって、理念をより一層顕現させてゆけばゆく程に、運命の源である超越的実在の力を多く受け継ぐことができるので、より善い運命を拓くことができるし、精進を怠れば、理念はあまり顕現せず、運命の源である超越的実在の力を少なく受け継ぐのみなので、あまり善い運命が拓けてこないことが多いのである。

 ここで述べられている精進には、内なる理念の属性をそれぞれ磨くことがあげられる。第一には真、すなわち哲学的真理の探究であり、第二には善、すなわち道徳的善の実践であり、愛の実践でもある。第三には美、すなわち芸術の創造であり、第四には聖、すなわち敬虔なる信仰心をもつことである。

 こうした理念である真善美聖を磨いてゆくことが、精進して理念を磨いてゆくことにつながり、理念は磨かれれば磨かれる程に光を放ち、輝き出すのである。

 これを、エマソン等は「内なる光」と呼んでいる。こうした内なる光をもって、己が人生を照らし、世界を照らしてゆくことが大切なのである。

 「天は自ら助くるものを助く」という。精進に精進を重ね、己が理念を磨いていった者には、運命も、より素晴らしいシナリオを呈示するのである。

 このように、運命にはいくつものシナリオがあり、理念を通して、個人は運命を選択し、運命を創ることも可能なのである。また、そこに、人間の自由意志の真骨頂があるといえるのである。

 世界は、超越的実在と同じ本質を持つ人間存在によって創造されてゆくのである。大いなる超越的実在と共に運命を創ってゆく力があることが、人間最高の福音である。

 

(つづく)