理念哲学講義録  天川貴之

真善美聖の「理念哲学」の核心を、様々な哲学的テーマに基づいて、わかりやすく講義したものです。

第9章「経験と叡智的直観について」第9節(2)    天川貴之

 第9節 統合哲学の時代(2)

 であるから、身近な例を挙げれば、経験も大切である。そして、知識も大切である。

 しかし、経験や知識だけですべてを推し量ってはならない。

 経験というものは有限であり、個別的であり、また、知識というものも過去そうあっただけであり、また、それがすべてではなく、知識と経験の両者を合い持っている方も、叡智的直観という観点から、無限の人間理性の開拓の余地があるのであり、その意味において、心を白紙にして、叡智的直観を磨くという姿勢を取らなければならないのであり、また逆に、若くして経験もあまりなく、また知識もあまりない方であっても、叡智的直観というものは、老若男女にかかわらず、人間に備わっているところの生得知であるから、このような生得知であるところの般若が真に開発され、目覚め、そして、年若く、知識経験を超越して、真理そのものの全貌を掴み、新時代の精神、世界精神を理念として掴み得たものを尊重し、敬ってゆく態度を取らなければならない。

 それは、何故に必要であるかというと、理念への尊敬の念の故に必要なのである。

 理念を尊重しようと思えば、叡智的直観を尊重しなければならない。そうしなければ、理念というものを真に生かすことはできないのである。

 

 (つづく)

 

 

 

 by 天川貴之

 

 

第9章「経験と叡智的直観について」第9節(1)    天川貴之

 第9節 統合哲学の時代(1)

 近代の哲学は「人間」から出発した。中世は「神」から出発した。

 新時代は、絶対者たる神と、自由意志を与えられた絶対者の一部であるところの人間が、共同作業によって、叡智の全貌を解明してゆくことが、その中核となる時代となる。

 かかる新時代の要請に基づいて、我々は、哲学を、本当に統合理性の哲学としてイノベーションしてゆかなければならない。

 そこの中心的鍵を握る認識論が、「叡智的直観」である。カントは、叡智的直観という立場をしりぞけた。

 しかし、叡智的直観というものが持っていた価値の鉱脈は、深く大きなものである。

 新時代においては、この「叡智的直観」という言葉が、「悟り」という言葉と共に復活するのである。

 

(つづく)

 

 

 

 

 by 天川貴之

 

 

第9章「経験と叡智的直観について」第8節(3)    天川貴之

 第8節 叡智的直観について(3)

 

 まず、直観ありきである。叡智的直観からすべては始まる。

 あらゆる経験や知識を越えて最も尊いものは、仏教では般若の智慧と呼ばれているが、哲学もまた、般若の理性というもの、純粋理性というものが最も尊いものである。

 叡智を直観すること、叡智を叡智的直観によって直視し、悟ること、そこから、その人の人生は真に開けることになる。

 解らないから出発して、叡智的直観によって如実に解るという境地に到達し、もしくは、間接的に解るという境地に到達し、それを、論理によって体系的に説明し、古今東西の知識に基づけてそれを説明し、更には、経験の中にそれを応用し、経験を通して、真理が真理であること、理念が理念であることを実証し、そして、万人に証明してゆくこと。

 これが、新時代の哲学者のあるべき姿であり、学者のあるべき姿であり、思想家のあるべき姿であり、言論人のあるべき姿であり、人間のあるべき姿である。

 

(つづく)

 

 

 

 by 天川貴之